月別: 2016年11月

大番

証券マンなら一度は読んでほしい一冊を紹介します。

それは、作家獅子文六の「大番」です。

愛媛の宇和島の田舎青年、赤羽丑之助ことギューちゃんが上京し、相場の世界に足を踏み入れ、戦前、戦後の証券界を舞台に、彼の破天荒で波乱万丈な人生が描かれています。

当時の兜町の世相や戦中、戦後の最中でも時流に乗って富を得たり、状況判断がいつの世も必要なのがよくわかります。また主人公ギューちゃんの色恋も人間性があり、魅力的でせひ一読してほしいです。

 いっちー

 「ふくろう通信」の内容はお客様にとり参考となる情報の提供を目的としたもので、投資勧誘を目的としたものではありません。 記載したコメントの内容及び過去の実績等は、必ずしも将来実績を示唆するものではありません。将来の投資収益が保証されているわけではなく、投資元本を割り込むリスクがあります。 投資の最終的決定はご自身の判断でなさるようお願い致します。

2 / 212