ギリシャリスクと中国リスク

ギリシャ問題は再度先送りされそうです。

あらゆる角度から、この問題を考察してみても、結局、完全デフォルトにされると何十兆円という巨額の資金を失うことになるユーログループが残るだけであるからです。

ギリシャ支援金に対する出資比率約27%のドイツ、同約20%のフランスはギリシャに悪態を吐かれても交渉のテーブルから離れる訳にはいかない。しかし、長い目で見れば、ギリシャはユーロから姿を消すことになると思われます。

片や、中国では株式バブルの崩壊が経済の失速を露呈しています。過去40か月間に亘って生産者物価指数が平均約3%連続して下落しているところを見ると、過剰生産による在庫が日々積み上がっている様子が想像できます。世界の工場としての役割はもう既に終っているのです。

現政権は、ニューノーマル(内需主導型経済)への切替えを目論んでいるが、どうなることやら不透明なのです。

今後数か月での経済崩壊は無いと考えていますが、数年内には重大な事態が予想できる状況です。

チエブクロウ

 「ふくろう通信」の内容はお客様にとり参考となる情報の提供を目的としたもので、投資勧誘を目的としたものではありません。
記載したコメントの内容及び過去の実績等は、必ずしも将来実績を示唆するものではありません。将来の投資収益が保証されているわけではなく、投資元本を割り込むリスクがあります。
投資の最終的決定はご自身の判断でなさるようお願い致します。

世界を取り巻く様々なリスク要因

泥沼化するギリシャ問題に中国株価急落と言う海外発のリスクに、新たなリスクが見え出した。それは「原油価格の急落」である。
一説にはギリシャと結託しようとしていたロシアに対し、欧米が結束して原油価格に下げを仕掛けたとも言われている。
また中国に関しても強引な株価つり上げで景気維持を目論み、ギリシャへの支援も検討していたが株価の急落によりそれも厳しくなった。
後ろ盾を無くしたギリシャは、ユーロの提案を受け入れ合意するのか、それとも合意出来ずにユーロ離脱の道を選択するのか?
その答えを選択する時間はあまり残されていない。

ふくろう監督

 「ふくろう通信」の内容はお客様にとり参考となる情報の提供を目的としたもので、投資勧誘を目的としたものではありません。
記載したコメントの内容及び過去の実績等は、必ずしも将来実績を示唆するものではありません。将来の投資収益が保証されているわけではなく、投資元本を割り込むリスクがあります。
投資の最終的決定はご自身の判断でなさるようお願い致します。

米国ブルマーケットの歴史はホップ・ステップ・ジャンプの繰り返し?

①1921年~1929年   8年間
②1942年~1966年   24年間
③1975年~1998年   23年間
2009年~????年
 ★1980年代前半におきた米国NASDAQ市場上場ブームと現在起きている 日本における上場ブームとの関連性は???
 ★米国、日本は現在一心同体、今回は国策に売りなしか?
 ★結論:まだまだジャンプが待っている。。。?

正論

NYダウ(20150706ふくろう通信用ファイル)

 「ふくろう通信」の内容はお客様にとり参考となる情報の提供を目的としたもので、投資勧誘を目的としたものではありません。
記載したコメントの内容及び過去の実績等は、必ずしも将来実績を示唆するものではありません。将来の投資収益が保証されているわけではなく、投資元本を割り込むリスクがあります。
投資の最終的決定はご自身の判断でなさるようお願い致します。

15 / 20« 先頭...10...1314151617...20...最後 »